結局、ブログって何を書けばいいのか?【ブログのネタの探し方】

スポンサーリンク
ブログ運営

結局、ブログって何を書けばいいのか?【ブログのネタの探し方】

結局、ブログって何を書けばいいのか?【ブログのネタの探し方】

この記事は、

  • ブログを始めたけれど、何を書けばいいのかわからない。時間だけが過ぎていく、、
  • ブログの記事ってどんなことを書いたら読まれるのか悩んでる。

このような悩みに答えます。

この記事を書いている私は、

  • ブログをはじめて約2カ月ほどの初心者です。
  • ブログをやってみて自分自身が悩んでたこと、学んだノウハウを情報発信しています。
  • ブログの全体に関わる法則のようなものがわかりつつあります。

では、解説していきます。

スポンサーリンク

はじめの1記事目はこれを書け、おすすめの記事とは何か。

どんな記事を書いたらいいのか、どんな記事を書いたら読まれるのか。

ブログを始めたころ一番最初に思う悩みがこれです。

おそらくみなさん経験したことがあると思います。

私自身も経験済みです。

ここでいろいろ調べたり、人に聞いたり、ノウハウ教材をお金を出して買っり、、しました。

その期間は、だいたい1週間ぐらいです。

そこで、ついに1つの結論が出ました。

結論は、、なんでもいいです。

なぜなら、悲しいですが間違いなく、まったく読まれないからです。

過去の自分に言いたいです。悩んでる時間がもったいない。

その時間で、どんどん記事を増やしていったほうがよかったと思います。

なんでもいいということが分かったので、結局、なにを書いたかというと、自己紹介の記事です。

ここで終わると、あまりにも無責任なので、なんでもいい中のおすすめは、自己紹介と最近買ったものです。

あとは、ブログを始める際に、いろいろ調べたことでもよろしいかもしれません。

とりあえず書いてみることが大事だと思いました。

スポンサーリンク

ブログを始めて約二カ月やってみてわかった、ブログの真髄とは。

いろいろ悩んだ結果、とりあえず記事を書くようになったのですが。

約2か月間、いろいろ書くにつれ一つの結論というか、どのブログにも共通する法則のようなものが見つかりました。

それは、だいたいのブログは、読者の悩みを想定して書き、そして、自分なりの解決策を提示している。

その解決策にいろいろな収益化できるような仕組みを作っている。

つまり、お悩み相談を自分のサイトでやっている。

というならば、ブログは、悩みがなくなると儲からなるんだなと思いました。

この法則が、わかったとたん、ブログへの難易度というか考えが軽くなりました。

つまり、悩みを収集の仕方を、工夫すれば無限にブログは書けるなと思ったわけです。

例えば、一つの商品に関しても、男性か女性か、年代などを変えていけばよいと。

性別、年代によって悩みはいろいろです。

では、どのように悩みを収集すればいいのか。

これは、本当に悩みました。

人に聞くというのがいいと思い、最近悩んでることはなにか、友だちやインタビューを行ったりしました。

しかし、うれしいことですが、周りにはあんまり悩んでいる人がいませんでした。

そこで、インターネットやSNSを利用した結果、悩みの宝庫というか、こんな便利なサイトがあったのかと、衝撃を受けました。

それは、ヤフー知恵袋です。

そういえば、今まで、一度もお世話にならなかったと思い、今回、初めてお世話になりました。

使ってみた感想は、世の中、こんなに悩んでいる人がいるんだなと。

よろしければ、リンクを貼っておきましたので、参考にしてください。

 Yahoo知恵袋

Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス
みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。参加している方がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有できるサイトです。

こちらも、よく使われているお悩み解決サイトなので、参考にしてください。

 教えてGoo!

質問&回答 (Q&A) コミュニティ
教えて!gooは、検索ではわからなかったあなたの質問をみんなで解決できるQ&Aコミュニティサービスです。総質問・回答数 4000万件以上。あなたの疑問・悩みもきっと解決します。
スポンサーリンク

まとめ

始めの記事は、何でもいい。

おすすめは、自己紹介、買ったものです。

ブログの真髄は、悩みを集めて、自分なりの解決策を提示する。

その際に、収益化できるようにする。

悩みの宝庫は、知恵袋にあり、です。

今回は、以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました